検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of current decay time during disruption in JT-60U tokamak

JT-60Uトカマクにおけるディスラプション中の電流減衰時間の研究

柴田 欣秀*; 渡邊 清政*; 岡本 征晃*; 大野 哲靖*; 諫山 明彦; 栗原 研一; 仲野 友英; 大山 直幸; 河野 康則; 松永 剛; 榊原 悟*; 杉原 正芳*; 鎌田 裕; JT-60チーム

Shibata, Yoshihide*; Watanabe, Kiyomasa*; Okamoto, Masaaki*; Ono, Noriyasu*; Isayama, Akihiko; Kurihara, Kenichi; Nakano, Tomohide; Oyama, Naoyuki; Kawano, Yasunori; Matsunaga, Go; Sakakibara, Satoru*; Sugihara, Masayoshi*; Kamada, Yutaka; JT-60 Team

JT-60Uのディスラプション時のプラズマ電流の減衰時間を計測データ及び平衡解析から得られた値を用いて詳細に評価した。まず、電子温度を電子サイクロトロン放射及びヘリウムI線強度比から独立に評価し、それぞれの値から得られたプラズマ抵抗値を${it L/R}$モデルに適用して電流減衰時間を算出した。その結果、実験での電流減衰時間が長い($$sim$$100ms)領域では${it L/R}$モデルから算出した電流減衰時間は実験値と同程度であるが、電流減衰時間が短くなるにつれ${it L/R}$モデルでの値が実験値よりも大きくなり、実験での電流減衰時間が10ms程度の領域では${it L/R}$モデルでの値は1桁程度大きく評価されることがわかった。次に、内部インダクタンスをCauchy Condition Surface法により評価するとともに、内部インダクタンスの時間変化を考慮するようにモデルを改良した。その結果、広い電流減衰時間の範囲(10$$sim$$100ms)に渡り実験値と近い値が得られ、内部インダクタンスの時間変化の効果が重要であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:73.66

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.