検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Intermediate-energy Coulomb excitation of $$^{30}$$Na

$$^{30}$$Naにおける中間エネルギークーロン励起

Ettenauer, S.*; Zwahlen, H.*; Adrich, P.*; Bazin, D.*; Campbell, C. M.*; Cook, J. M.*; Davies, A. D.*; Dinca, D.-C.*; Gade, A.*; Glasmacher, T.*; Lecouey, J.-L.*; Mueller, W. F.*; 大塚 孝治*; Reynolds, R. R.*; Riley, L. A.*; Terry, J. R.*; 宇都野 穣; 米田 健一郎*

Ettenauer, S.*; Zwahlen, H.*; Adrich, P.*; Bazin, D.*; Campbell, C. M.*; Cook, J. M.*; Davies, A. D.*; Dinca, D.-C.*; Gade, A.*; Glasmacher, T.*; Lecouey, J.-L.*; Mueller, W. F.*; Otsuka, Takaharu*; Reynolds, R. R.*; Riley, L. A.*; Terry, J. R.*; Utsuno, Yutaka; Yoneda, Kenichiro*

ミシガン州立大学国立超伝導サイクロトロン研究所にて、中性子過剰核$$^{30}$$Naの中間エネルギークーロン励起実験が行われ、基底状態からのB(E2)が初めて測定された。この実験で$$gamma$$線が1本観測され、$$B(E2;2^+_{gs} to 3^+_1)=147(21)$$ $$e^2$$fm$$^4$$が得られた。この原子核は、以前発表者らの殻模型計算によって中性子数20の魔法数が消滅する核であるとされており、大きなB(E2)値が予言されていた。この実験で大きなB(E2)値が得られたことから、発表者らの描像が妥当であることが確かめられた。一方、殻模型計算では基底状態から$$4^+$$へ励起するB(E2)値も大きく、この実験で見えることが期待されたが、見つからなかった。その原因については今後の実験及び理論の研究が待たれている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:35.59

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.