検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

$$d_{5/2}$$ proton hole strength in neutron-rich $$^{43}$$P; Shell structure and nuclear shapes near $$N$$=28

中性子過剰$$^{43}$$Pにおける$$d_{5/2}$$陽子空孔強度; 中性子数28近辺の殻構造と変形

Riley, L. A.*; Adrich, P.*; Baugher, T. R.*; Bazin, D.*; Brown, B. A.*; Cook, J. M.*; Cottle, P. D.*; Diget, C. A.*; Gade, A.*; Garland, D. A.*; Glasmacher, T.*; Hosier, K. E.*; Kemper, K. W.*; 大塚 孝治*; Rae, W. D. M.*; Ratkiewicz, A.*; Siwek, K. P.*; Tostevin, J. A.*; 宇都野 穣; Weisshaar, D.*

Riley, L. A.*; Adrich, P.*; Baugher, T. R.*; Bazin, D.*; Brown, B. A.*; Cook, J. M.*; Cottle, P. D.*; Diget, C. A.*; Gade, A.*; Garland, D. A.*; Glasmacher, T.*; Hosier, K. E.*; Kemper, K. W.*; Otsuka, Takaharu*; Rae, W. D. M.*; Ratkiewicz, A.*; Siwek, K. P.*; Tostevin, J. A.*; Utsuno, Yutaka; Weisshaar, D.*

ミシガン州立大学超伝導サイクロトロン研究所にて、$$^{44}$$Sから1陽子ノックアウト反応の断面積を測定することにより、$$^{43}$$Pの励起状態の構造を研究した。この実験によって、$$5/2^+$$と考えられる多数の励起状態を生成し、それらの生成確率から、分光学的因子を引き出した。その結果、1009keVの励起状態への分光学的因子は特に大きな値となることがわかった。この結果を発表者らの殻模型計算と比較した結果、実験で得られた分光学的因子の分布はテンソル力による殻構造の変化及びそれによる$$^{43}$$Pの変形を示すものであることがわかった。すなわち、殻ギャップがテンソル力によって狭まることで変形しやすくなった結果、一粒子強度関数がより広い励起エネルギーに渡って分散するということを意味したものである。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:19.12

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.