検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Intruder excitations in $$^{35}$$P

$$^{35}$$Pにおける侵入者励起

Wiedeking, M.*; Rodriguez-Vieitez, E.*; Fallon, P.*; Carpenter, M. P.*; Clark, R. M.*; Cline, D.*; Cromaz, M.*; Descovich, M.*; Janssens, R. V. F.*; Lee, I.-Y.*; Deleplanque, M.-A.*; Macchiavelli, A. O.*; Stephens, F. S.*; Teng, R.*; Wang, X.*; Ward, D.*; Wu, C. Y.*; Zhu, S.*; 大塚 孝治*; 宇都野 穣; Volya, A.*

Wiedeking, M.*; Rodriguez-Vieitez, E.*; Fallon, P.*; Carpenter, M. P.*; Clark, R. M.*; Cline, D.*; Cromaz, M.*; Descovich, M.*; Janssens, R. V. F.*; Lee, I.-Y.*; Deleplanque, M.-A.*; Macchiavelli, A. O.*; Stephens, F. S.*; Teng, R.*; Wang, X.*; Ward, D.*; Wu, C. Y.*; Zhu, S.*; Otsuka, Takaharu*; Utsuno, Yutaka; Volya, A.*

アルゴンヌ国立研究所タンデム加速器施設(ATLAS)で、$$^{208}$$Pb($$^{36}$$S, $$Xgamma$$)反応により、$$^{35}$$Pの励起状態を生成し、そこから脱励起する$$gamma$$線を観測することによって、$$^{35}$$Pのエネルギー準位を構築した。その結果、約5MeVの励起エネルギーに多数の新しい状態を発見した。殻模型計算と比較した結果、魔法数20を仮定した$$sd$$殻模型計算ではこれらの多くの状態は出てこないため、これらは中性子数20の殻ギャップから中性子が1個励起する状態、もしくは2個励起する状態であると考えられる。発表者らが行ったモンテカルロ殻模型計算では、実験で観測された多数の状態が存在することが示された。これらの励起エネルギーは$$^{35}$$Pにおける中性子数20の殻ギャップを敏感に反映するものであるため、モンテカルロ殻模型計算で使われた有効相互作用が妥当であり、$$^{35}$$Pでは大きな殻ギャップが存在することが確かめられた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:40.81

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.