検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC偏極中性子反射率計の開発

J-PARC polarized neutron reflectometer

山崎 大; 武田 全康; 曽山 和彦; 丸山 龍治; 平野 辰巳*

Yamazaki, Dai; Takeda, Masayasu; Soyama, Kazuhiko; Maruyama, Ryuji; Hirano, Tatsumi*

偏極中性子反射法は、表面・界面内の磁化ベクトル分布を解析できる手法であり、磁気多層膜の構造解析に主要な役割を果たしてきた。層状の磁気構造はもちろんのこと、最近ではパターンドメディアなど面内の磁気構造解析にも使われておりその重要性はさらに高まっている。また、同位体コントラストを利用してソフトマター,生体膜などの構造解析にとっても重要な手法であり、J-PARCでは既に自由界面,ソフトマターを主対象とした大学共同利用の試料水平型中性子反射率計が設置された。J-PARCでは、続いて一般共用を目的とした表面・界面測定用の偏極中性子反射率計の開発を進めている。本装置は、磁気多層膜をはじめとして、固体,ソフトマター,液体まで含んだ幅広い領域の表面・界面に対応できるよう、高い汎用性を持つ。鏡面反射率による表面・界面の深さ方向の構造解析に加え、非鏡面散乱,斜入射回折により面内方向の構造解析も可能である。本講演では、J-PARC偏極中性子反射率計の概念設計,装置シミュレーションの現状,今後の建設計画などを報告する。

We have started designing a polarized neutron reflectometer which dedicates to investigation on magnetic multilayers at MLF. In this contribution, design concept of the J-PARC polarized neutron reflectometer will be presented together with beam-line simulations and test results of the focusing devices.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.