検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

新同位体$$^{263}$$Hsの生成及び壊変特性

Productions and decay properties of a new isotope of $$^{263}$$Hs

加治 大哉*; 森本 幸司*; 佐藤 望; 羽場 宏光*; 市川 隆敏*; 井手口 栄治*; 小浦 寛之  ; 工藤 祐生*; 小澤 顕*; 大関 和貴*; 住田 貴之*; 山口 貴之*; 米田 晃*; 吉田 敦*; 森田 浩介*

Kaji, Daiya*; Morimoto, Koji*; Sato, Nozomi; Haba, Hiromitsu*; Ichikawa, Takatoshi*; Ideguchi, Eiji*; Koura, Hiroyuki; Kudo, Yuki*; Ozawa, Akira*; Ozeki, Kazutaka*; Sumita, Takayuki*; Yamaguchi, Takayuki*; Yoneda, Akira*; Yoshida, Atsushi*; Morita, Kosuke*

$$^{208}$$Pb($$^{58}$$Fe,n)$$^{265}$$Hs反応による108番元素(Hs)同位体$$^{265}$$Hsの初観測以来、$$^{264,266,267,269,270,271}$$HsといったHs同位体の壊変特性が調べられている。中性子欠損側Hs同位体$$^{263}$$Hsは、過去にその生成が報告されているが、$$alpha$$壊変エネルギー及び半減期等の壊変特性が知られておらず核種の同定には至っていない。そこで、理化学研究所重イオン線形加速器を用いて、$$^{206}$$Pb($$^{58}$$Fe,n)反応及び$$^{208}$$Pb($$^{56}$$Fe,n)反応により$$^{263}$$Hsの直接生成を試みた。気体充填型反跳分離装置によって分離・収集を行った後、Si検出器による$$alpha$$線測定によりその崩壊特性を調べた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.