検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Overview of the TBM R&D activities in Japan

日本におけるTBM研究開発の概要

秋場 真人; 榎枝 幹男; 田中 知*

Akiba, Masato; Enoeda, Mikio; Tanaka, Satoru*

日本が計画しているITERテストブランケット(TBM)の第一候補として、水冷却固体増殖方式のテストブランケットの開発を、原子力機構を中心として進めている。また、液体増殖ブランケットに関しては、大学,核融合科学研究所が中心となって、先進的なデモブランケットを目標として開発研究を進めている。固体増殖方式のTBMお開発に関しては、ITER運転の初日までにTBMの製作を完了し組み込むために、これまで開発してきた製作技術を適用して実規模の第一壁のプロトタイプの製作に成功し、さらに、実機と同条件の表面熱負荷試験を実施し、熱耐久性を実証した。また、増殖材増倍材の開発,中性子工学的に関する研究など、必要な項目を網羅して開発を進めている。液体増殖ブランケットに関しては、実際に液体増殖材を使った試験ループによる、腐食防止膜の試験や熱交換器の開発試験まで、実用的な開発を実施するところまで発展している。本報告は、これらのTBMの開発の現状について報告をする。

As the primary candidate of ITER Test Blanket Module (TBM) for the first day of ITER operation, development of Water Cooled Solid Breeder (WCSB) TBM has been performed toward the TBM milestones, which are necessary for acceptance of the TBM in ITER for testing from the first day of plasma operation. Regarding the liquid breeder blanket development, universities and NIFS are conducting the development. This paper overviews the recent achievements of the TBMs and DEMO blankets.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:30.36

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.