検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

代理反応に関する理論的検討,5; 崩壊様式の理論的推定

Theoretical research on surrogate reaction, 5; Theoretical treatment of nuclear decay modes

小浦 寛之  

Koura, Hiroyuki

代理反応のような重イオン合成反応の場合、その反応過程は接触,融合,蒸発過程に分類することができる。最後の蒸発過程においては高励起状態の情報(原子核の状態密度など)をおさえ、同時にそこからの崩壊様式を適切にとらえることが肝要である。特に代理反応の本来の目的を考えれば、合成された複合核は未知核種又は情報が乏しい場合が一般的である。本発表において、特に未知核種の崩壊様式の理論的推定について、大域的原子核質量模型を用いて検証する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.