検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Microdosimetric evaluation of the neutron field for BNCT at Kyoto University Reactor by using the PHITS code

京都大学原子炉実験所のBNCT治療場におけるPHITSを用いたマイクロドジメトリ量の評価

馬場 大海*; 鬼塚 昌彦*; 中尾 稔*; 深堀 麻衣*; 佐藤 達彦; 桜井 良憲*; 田中 浩基*; 遠藤 暁*

Baba, Hiromi*; Onizuka, Yoshihiko*; Nakao, Minoru*; Fukahori, Mai*; Sato, Tatsuhiko; Sakurai, Yoshinori*; Tanaka, Hiroki*; Endo, Satoru*

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)治療場における腫瘍細胞及び正常細胞内のエネルギー付与分布の評価は、その治療効果推定のために不可欠である。そこで、京都大学原子炉実験所のBNCT治療場において、腫瘍細胞及び正常細胞を模擬した2種類の組織等価比例計数管(TEPC)を用いて、その付与エネルギー分布を測定した。得られた結果と、PHITSのマイクロドジメトリ計算機能を用いて計算した微少領域内付与エネルギー分布を比較したところ、両者は、比較的よく一致することが判明した。このことから、PHITSは、BNCTの治療場設計のために極めて有用なツールであることがわかった。

The PHITS simulation were performed to reproduce the geometrical setup of an experiment that measured the microdosimetric energy distributions at the Kyoto University Reactor (KUR) where two types of tissue equivalent proportional counters (TEPC) were used, one with A-150 wall alone and another with a 50 ppm boron loaded A-150 wall. It was found that the PHITS code is a useful tool for the simulation of the energy deposited in tissue in BNCT based on the comparisons with experimental results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:49.18

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.