検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Simulations of MATROSHKA experiments outside the ISS using PHITS

国際宇宙ステーション(ISS)において実施したMATROSHKA実験に対するPHITSシミュレーション

Puchalska, M.*; Sihver, L.*; 佐藤 達彦; Berger, T.*; Reitz, G.*

Puchalska, M.*; Sihver, L.*; Sato, Tatsuhiko; Berger, T.*; Reitz, G.*

粒子線輸送計算コードPHITSを用いて、国際宇宙ステーション(ISS)において行ったMATROSHKA実験に対するシミュレーションを実施し、PHITSの宇宙飛行士に対する被ばく線量計算精度を検証した。MATROSHKA実験とは、約6000個の放射線検出器を埋め込んだ人体模型をISSの内外に設置し、人体内における宇宙線被ばく線量分布を精緻に測定する欧州宇宙局(ESA)主導のプロジェクトである。MATROSHKA実験により測定した人体内の被ばく線量分布と、PHITSにより計算した結果を比較したところ、両者は、比較的よく一致することがわかった。このことから、PHITSは、宇宙飛行士の被ばく線量評価の際に有用なツールであることが示された。

We will present simulations using the three-dimensional Monte Carlo Particle and Heavy Ion Transport code System (PHITS) of long term dose measurements performed with the ESA supported experiment MATROSHKA (MTR), which is an anthropomorphic phantom containing over 6000 radiation detectors, mimicking a human head and torso. The results confirm previous calculations and measurements which indicate that PHITS is a suitable tool for estimations of dose received from cosmic radiation and when performing shielding design studies of spacecraft.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:59.87

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.