検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status of design and construction of IFMIF/EVEDA lithium test loop

IFMIF-EVEDAリチウム試験ループの設計と建設の現状

近藤 浩夫; 古川 智弘; 平川 康; 松下 出*; 井田 瑞穂; 堀池 寛*; 金村 卓治; 杉浦 寛和*; 八木 重郎*; 鈴木 晶大*; 寺井 隆幸*; 深田 智*; 中村 博雄*

Kondo, Hiroo; Furukawa, Tomohiro; Hirakawa, Yasushi; Matsushita, Izuru*; Ida, Mizuho; Horiike, Hiroshi*; Kanemura, Takuji; Sugiura, Hirokazu*; Yagi, Juro*; Suzuki, Akihiro*; Terai, Takayuki*; Fukada, Satoshi*; Nakamura, Hiroo*

国際核融合材料照射施設(IFMIF)は、加速器駆動型D$$^{+}$$Li中性子源によって核融合炉候補材料の照射試験を目的とした施設であり、加速器,リチウムターゲット及びテストセルの3施設から構成される。現在、幅広いアプローチ(BA)活動の中で日欧国際協力の下、IFMIFの工学実証・工学設計活動(EVEDA)を実施している。リチウムターゲット施設に関しては、日本側が100%に近い寄与により、約1/3スケールで実機を模擬したIFMIF/EVEDAリチウム試験ループ(IFMIF/EVEDA Li Test Loop)に関する詳細設計を完了させ、その建設を進めているところである。このリチウム試験ループでは、おもに、IFMIFの工学設計に必要とされるリチウムの自由表面流の流動とリチウム中の不純物除去に関する実証試験を行う計画である。本研究では、IFMIF/EVEDAリチウム試験ループの詳細設計内容を報告するとともに、建設概況及び本試験装置を用いた工学実証の課題とその評価方法について併せて報告する。

IFMIF is a neutron source aimed at producing an intense high energy neutron flux for testing candidate fusion reactor materials. Under Broader Approach activities, Engineering Validation and Engineering Design Activities (EVEDA) of IFMIF started on July 2007. Regarding to the lithium (Li) target facility, design and construction of EVEDA Li Test Loop is a major activity and is in progress. The detail design was started at the early 2009. Fabrication of the loop was started at middle of 2009, and completion is planned at the end of Feb. 2011.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.