検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Data acquisition system of beam position monitors in J-PARC main ring

J-PARC主リングにおけるビーム位置モニタのデータ処理システム

畠山 衆一郎; 林 直樹; 荒川 大*; 橋本 義徳*; 平松 成範*; 小田切 淳一*; 佐藤 健一郎*; 手島 昌己*; 飛山 真理*; 外山 毅*; 山本 昇*; 花村 幸篤*

Hatakeyama, Shuichiro; Hayashi, Naoki; Arakawa, Dai*; Hashimoto, Yoshinori*; Hiramatsu, Shigenori*; Odagiri, Junichi*; Sato, Kenichiro*; Tejima, Masaki*; Tobiyama, Makoto*; Toyama, Takeshi*; Yamamoto, Noboru*; Hanamura, Kotoku*

J-PARC主リングのビーム位置モニタのデータ処理システムは186台のLINUXベースのデータ処理回路(BPMC)と12台のEPICSの入出力コントローラ(IOC)から構成されている。これらはビームの閉軌道の歪み(COD)や1周ごとのビームのバンチの位置を測定するために重要なツールである。このレポートではさまざまな校正係数がどのようにあてはめられているかも含めてデータから位置情報への再構成の方法を述べる。

The Data Acquisition System of Beam Position Monitors (BPMs) in J-PARC Main Ring are consist of 186 Linux-based Data Processing Circuits (BPMCs) and 12 EPICS IOCs. They are important tool to see the COD and turn-by-turn beam positions. This report describes the process of the data reconstruction which include how the various calibration constants are applied.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.