検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

岐阜県東濃地域における微量元素を利用したナチュラルアナログ研究

Natural analogue study focused on trace elements of sedimentary and granitic rocks in Tono area, Gifu prefecture, Japan

水野 崇; 永田 寛; 岩月 輝希; 本多 照幸*

Mizuno, Takashi; Nagata, Hiroshi; Iwatsuki, Teruki; Honda, Teruyuki*

本研究では、岐阜県東濃地域に分布する堆積岩及び花崗岩を対象として、天然環境で観察される過去の化学環境(pHや酸化還元環境)の変化を推定し、その変化に伴う元素の挙動を把握することを目的としたナチュラルアナログ研究を実施した。その結果、堆積岩においては、希土類元素やUは、酸化還元環境やpH条件の変化に伴い、岩盤内で移動していることが明らかとなった。これらの元素は、化学的環境の変化に伴って岩盤から溶出し、スメクタイト等の粘土鉱物に取り込まれているほか、炭酸塩鉱物やリン酸塩鉱物中に保持されていることがわかった。他方、花崗岩については、分析した試料においては系統的な変化を示さず、花崗岩内部での物質移動プロセスを把握するためには、分離鉱物の分析など、より詳細な検討が必要である。

This paper aims to understanding the behavior of the elements related to the change of the chemical properties of sedimentary rocks and granitic rocks distributed in the Tono area, Gifu prefecture, using natural analogue approach. As a result, in the sedimentary rocks, it is indicated that REE and U are migrated in response to the change of pH and/or redox condition. These elements will be dissolved from the rocks and introduced into clayminerals, carbonate minerals and phosphate minerals. On the other hand, ingranitic rocks, these elements do not show the systematical variation. It is needed to more detail analysis (ex. chemical analysis of each separated minerals) for understanding their behavior in the granitic rocks.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.