検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Two-proton knockout from $$^{32}$$Mg; Intruder amplitudes in $$^{30}$$Ne and implications for the binding of $$^{29,31}$$F

$$^{32}$$Mgからの2陽子ノックアウト; $$^{30}$$Neにおける侵入者配位の振幅と$$^{29,31}$$Fの束縛に対する意味

Fallon, P.*; Rodriguez-Vieitez, E.*; Macchiavelli, A. O.*; Gade, A.*; Tostevin, J. A.*; Adrich, P.*; Bazin, D.*; Bowen, M.*; Campbell, C. M.*; Clark, R. M.*; Cook, J. M.*; Cromaz, M.*; Dinca, D. C.*; Glasmacher, T.*; Lee, I. Y.*; McDaniel, S.*; Mueller, W. F.*; Prussin, S. G.*; Ratkiewicz, A.*; Siwek, K.*; Terry, J. R.*; Weisshaar, D.*; Wiedeking, M.*; 米田 健一郎*; Brown, B. A.*; 大塚 孝治*; 宇都野 穣

Fallon, P.*; Rodriguez-Vieitez, E.*; Macchiavelli, A. O.*; Gade, A.*; Tostevin, J. A.*; Adrich, P.*; Bazin, D.*; Bowen, M.*; Campbell, C. M.*; Clark, R. M.*; Cook, J. M.*; Cromaz, M.*; Dinca, D. C.*; Glasmacher, T.*; Lee, I. Y.*; McDaniel, S.*; Mueller, W. F.*; Prussin, S. G.*; Ratkiewicz, A.*; Siwek, K.*; Terry, J. R.*; Weisshaar, D.*; Wiedeking, M.*; Yoneda, Kenichiro*; Brown, B. A.*; Otsuka, Takaharu*; Utsuno, Yutaka

ミシガン州立大学の超伝導サイクロトロン研究所にて、不安定核$$^{32}$$MgビームをBe標的に当てることによって$$^{30}$$Neが生成される断面積を測定し、その脱励起$$gamma$$線を測定した。$$^{30}$$Neの4$$^+$$と見られる状態を初めて観測するとともに、その断面積から、$$^{30}$$Neの核構造の情報を引き出した。この領域で標準的な核構造計算である、SDPF-M相互作用を用いたモンテカルロ殻模型計算による分光学的因子をグラウバー模型に代入して包括的断面積を計算したところ、実験値を過大評価した。核構造の観点からその原因について考察したところ、$$^{30}$$Ne核では従来考えられてきたよりも4粒子4空孔励起の侵入者配位が多く、それによって$$^{30}$$Neと$$^{32}$$Mgの中性子部分の波動関数との重なりが小さいためであると結論づけた。この増大した4粒子4空孔励起のアイデアは、フッ素同位体において中性子ドリップ線が著しく延びる現象も説明することができる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.55

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.