検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Thirty years experience at the experimental fast reactor Joyo; High quality core management and irradiation field characterization technique

高速実験炉「常陽」の30年間の経験; 高品質な炉心管理と照射条件評価

前田 茂貴  ; 伊藤 主税  ; 青山 卓史 ; 前田 幸基; 茶谷 恵治

Maeda, Shigetaka; Ito, Chikara; Aoyama, Takafumi; Maeda, Yukimoto; Chatani, Keiji

高速実験炉「常陽」は、日本で最初に建設された高速炉である。1977年の初臨界以来、順調に運転を続け、設計,建設,約30年間の運転実績は、ナトリウム冷却型高速増殖炉の技術的知見の蓄積・向上、安全性及び信頼性を示すことができた。また、1982年には照射試験用のMK-II炉心に改造され、さらに2003年には照射能力を向上させるため、より高性能なMK-III炉心への改造が行われ、MA含有MOX燃料,ODS鋼被覆管燃料等の高速増殖炉の燃料・材料開発のための高速中性子照射場として利用されてきた。これらの技術的知見・データ保存の一環でMK-II炉心の炉心・燃料管理に関する諸データを炉心特性データベースとして公開し、OECD/NEAにも登録した。今後も高速増殖炉開発に貢献するべく、多くのデータを公開する予定である。また、現在は炉内干渉物対策で停止中であるが、再起動後には高速炉のみならず基礎・基盤的な研究用途への利用拡大を図り、世界で数少ない高速中性子照射炉及びプラント技術の実証の場として貢献していく予定である。

The experimental fast reactor Joyo of the Japan Atomic Energy Agency is the first liquid sodium fast reactor in Japan. Thirty years of successful operation of Joyo has shown excellent safety and reliability, and has contributed much to the LMFBR development program. Many kinds of irradiation experience have been accumulated to develop the fuels and materials for the prototype reactor Monju and future fast reactors. Accumulated data have been registered with OECD/NEA database with expectation that these data will be widely used. Joyo is presently temporary shutdown because of periodical inspection including in-vessel inspection and repair. After restart, Joyo will play a key role for a wide variety of science and technology fields as fast neutron irradiation bed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.