検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速増殖実証炉に向けた格納容器設計技術開発,3; バウンダリ健全性評価

Development of steel plate reinforced concrete containment vessel for JSFR, 3; Analysis method of SCCV barrier function

加藤 篤志; 根岸 和生; 秋山 洋*; 岩崎 幹典*; 阿部 岩司*; 岡藤 孝史*

Kato, Atsushi; Negishi, Kazuo; Akiyama, Yo*; Iwasaki, Mikinori*; Abe, Ganji*; Okafuji, Takashi*

FaCTプロジェクトで研究開発を実施している高速炉JSFRでは、鋼板コンクリート構造格納容器(SCCV)を採用し、品質の向上と建設工期の短縮を図っている。その実用化のため、鋼製部材の強度試験や解析等の研究開発を実施しており、本シリーズは、その成果を発表するものであり、本報告ではSCCVのバウンダリ健全性評価のための鋼板部の熱解析モデルについて紹介する。

Steel plate reinforced concrete structure are adopted as the JSFR containment vessel to shorten a construction period. This reports analysis method of SCCV barrier function.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.