検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

RFチョッパーによる高速ビーム遮断システムの開発

Development of fast beam-stop system using RF chopper

菊澤 信宏; 鈴木 隆洋; 伊藤 雄一; 三浦 昭彦; 福田 真平; 池上 雅紀*; 佐甲 博之; 小林 鉄也; 鈴木 浩幸; 長谷川 和男

Kikuzawa, Nobuhiro; Suzuki, Takahiro; Ito, Yuichi; Miura, Akihiko; Fukuta, Shimpei; Ikegami, Masanori*; Sako, Hiroyuki; Kobayashi, Tetsuya; Suzuki, Hiroyuki; Hasegawa, Kazuo

J-PARCでは大強度陽子ビームを加速するため、そのビームが加速器構成機器にダメージを与えないよう、MPSが設置されている。MPSは加速器構成機器の表面における熱衝撃を避けるために高速応答性が要求されており、高速かつ確実にビームを停止させる方法としてRFQのRFをOFFにしている。しかし、MPS発報時にRFQの停止/復帰を繰り返すことによってRFQにダメージを与えることが考えられるため、RFチョッパーによる高速ビーム遮断システムの開発を行った。本発表では、これらの結果について報告する。

To avoid heat damage and radioactivation by beam loss of the J-PARC accelerator, Machine Protection System (MPS) has been developed. Actually, high responsibility and high reliability have been achieved in J-PARC. Beam-stop method in addition to a way of RFQ OFF has been requested in order to avoid damage to the RFQ. Therefore, we have been developing a fast beam-stop system by using a RF chopper. The fast beam-stop system, including beam test, is described in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.