検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design study and R&D progress on Japan sodium-cooled fast reactor

先進ループ型ナトリウム冷却高速炉の設計検討及び研究開発進捗

青砥 紀身; 宇都 成昭; 阪本 善彦; 伊藤 隆哉*; 戸田 幹雄*; 小竹 庄司*

Aoto, Kazumi; Uto, Nariaki; Sakamoto, Yoshihiko; Ito, Takaya*; Toda, Mikio*; Kotake, Shoji*

JSFRの設計研究及び研究開発の進捗を報告する。2050年頃の導入を目指す実用炉は1,500MWeを対象とし、2025年頃の運開を計画している実証炉は500から750MWeを想定して設計研究を進めており、経済性,信頼性及び安全性向上のための革新技術についても研究開発を行っている。厳しい地震条件にも耐え得る原子炉容器のコンパクト化を追求するとともに、高クロム鋼製配管を用いた冷却系2ループ化を実現するため、配管エルボ内の流力特性や配管製作性についても検討している。Na-水反応への対策強化のため直管二重伝熱管SGを開発しており、熱流力設計や機器の試作を行っている。受動的炉停止機構SASSの成立性を実証するため、JSFRへの適用性を評価するための安全解析と「常陽」を用いた実証試験を行っている。また、経済性向上を目指した先進的燃料取扱いシステムの開発も進めている。革新技術のJSFRへの採否について議論しており、2010年度中に採否判断を終了する予定である。

In the FaCT project, SFR with 1,500 MWe is a target for the commercialization. R&D on innovative technologies to achieve the economic competitiveness and enhance the reliability and safety is carried out. A compact RV without wall-cooling layer is pursued in consideration of seismic reliability. For a two-loop cooling system with shortened high chromium steel piping, studies on the hydraulics in the pipe elbow and the fabrication capability of the pipes are being performed. A double-walled straight tube SG is investigated to enhance the reliability against sodium/water reaction, and developmental works are progressing including the thermal-hydraulic design and trial manufacturing for components. SASS is being developed with safety analysis of the applicability for JSFR and experimental demonstration in JOYO. An advanced fuel handling system is also pursued. Discussion on whether the innovative technologies can be adopted for JSFR is in progress to be finalized in 2010.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.