検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子の産業利用(トライアルユース); 中性子ラジオグラフィ

Industrial use of neutrons (Trial use program); Neutron radiography

松林 政仁; 飯倉 寛

Matsubayashi, Masahito; Iikura, Hiroshi

中性子利用技術移転推進プログラム(トライアルユース)は、文部科学省の委託事業として平成18年度から開始された。本プログラムの趣旨は中性子利用に馴染みのない企業のユーザーに対して中性子利用の機会を提供することであり、中性子利用の専門家をコーディネータとして配置し、課題の提案・申請時から実験の実施,データ解析,まとめに至るまでの技術支援を行っている。利用できる実験装置は原子力機構のJRR-3に設置されている装置であり、中性子ラジオグラフィ装置も含まれている。平成18年度から20年度までの結果は「中性子利用技術移転推進プログラム」における中性子利用の事例集(平成21年3月,放射線利用振興協会)にまとめられているが、本解説では、筆者等がコーディネータとして担当した課題について概要を紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.