検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

岐阜県南東部に分布する中新統瑞浪層群及び岩村層群のフィッション・トラック年代

Fission track ages of the Miocene Mizunami and Iwamura Groups in southeastern Gifu Prefecture, central Japan

笹尾 英嗣; 檀原 徹*; 岩野 英樹*; 林 譲治*

Sasao, Eiji; Danhara, Toru*; Iwano, Hideki*; Hayashi, Joji*

東濃ウラン鉱床では、さまざまな地質学的事象を被りつつも長期間にわたってウラン系列核種が保持されてきている。このような天然の事例を活用し、地質学的な変動帯に位置する我が国の地質環境中における核種の保持・移行挙動についての理解を深めることは、地層処分の安全性に対する信頼性をさらに向上させるうえで有益である。このためには、ウラン鉱床においてどのような地質事象が起こったか、そしてその地質事象が核種の移行・保持にどのような影響を及ぼしたかを明らかにする必要がある。東濃ウラン鉱床を胚胎する中新統瑞浪層群の堆積年代は、従来、層序学的・古生物学的研究に基づいて推定されてきたのみであり、個々の地質事象の発生時期の特定が困難であった。そこで瑞浪層群と瑞浪層群に隣接して分布する岩村層群に挟まれる凝灰岩中のジルコンを用いたフィッション・トラック年代測定を行った。その結果、瑞浪層群の堆積年代は20-15Maであると推定されるとともに、瑞浪層群を構成する各層の堆積年代が明らかになった。岩村層群についても年代測定結果に基づいて各層の堆積年代が推定された。なお、岩村層群においては年代測定値として初めての報告である。

Fission track age dating was done on 14 tuff samples from the Miocene Mizunami and Iwamura Groups, distributed in the southeastern part of Gifu Prefecture, central Japan. The depositional ages are estimated to be as follows: about 17 Ma (the Hongo Formation) and 17-16 Ma (the Akeyo Formation) for the Mizunami Group, 20-18 Ma (the Agi Formation) and 17-16 Ma (the middle part of the Toyama Formation) for the Iwamura Group. In terms of correlation of the Mizunami and Iwamura Groups and the Kani Group on the west side of the Mizunami Group, the Akeyo and Hongo Formations of the Mizunami Group correlate with the Toyama Formation of the Iwamura Group and the Hiramaki Formation of the Kani Group, respectively.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.