検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子炉構造材の腐食環境緩和のための水化学

Water chemistry for mitigation of the corrosion damage of reactor structural materials

塚田 隆

Tsukada, Takashi

水化学技術の重要な役割の一つは、原子炉冷却系の各種機器及び配管を構成する材料と水の相互作用、すなわち「腐食」による種々の問題を抑制・緩和し、材料の健全性及びプラントの安全性・信頼性を確保することである。近年の軽水炉の高経年化対策に向けた技術的取り組みやロードマップの作成では、構造材と水の相互作用に起因する応力腐食割れ(SCC)等の腐食損傷への対応が主要な課題とされている。本稿では、原子炉構造材の腐食損傷を抑制するための水化学技術について、SCC抑制のための腐食環境緩和技術の現状と今後の課題を述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.