検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核鑑識技術の確立に向けて

Establishment of technologies for nuclear forensics analysis

久野 祐輔; 桜井 聡; 堀 雅人

Kuno, Yusuke; Sakurai, Satoshi; Hori, Masato

近年、核兵器等によるテロリズムの脅威を未然に防ぐための国際的な取組みとして「核の鑑識(nuclear forensics)」がクローズアップされている。核物質等の不法取引や核・放射性物質を伴う破棄行為の際に押収又は採取された核燃料等を分析し、その出所、履歴、輸送経路、目的を特定するというものであり、不正取引や核テロを効果的に防止かつ抑止するうえで極めて重要な技術である。2010年4月の核セキュリティーサミットにおける合意に基づき、今後、我が国でも核鑑識技術の確立に向け取り組んでいくことが必要となった。本稿では、核鑑識技術の現状について国際的な取り組み状況を含め解説するとともに、今後、我が国として対応すべき核鑑識の技術開発及びこの分野における国際協力のありかたについて併せて考察する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.