検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of a small-aperture slit system for a high collimator ratio at the thermal neutron radiography facility in JRR-3

ピンホールスリットシステムの開発

安田 良; 野島 健大; 飯倉 寛; 酒井 卓郎; 松林 政仁

Yasuda, Ryo; Nojima, Takehiro; Iikura, Hiroshi; Sakai, Takuro; Matsubayashi, Masahito

JRR-3に設置された熱中性子ラジオグラフィ装置の$$L$$/$$D$$を向上させるために、ピンホールスリットシステムを開発した。$$L$$/$$D$$は中性子ラジオグラフィ装置における空間分解能にかかわる性能値であり、$$L$$/$$D$$が増大すると画像上のぼけが小さくなり、良好な解像度の画像を取得することができる。本研究で開発されたピンホールスリットシステムは、TNRFのビームライン上に設置され、開口部$$D$$を小さくすることにより、$$L$$/$$D$$を向上させている。特性試験の結果、$$D$$が10mm以下の場合では、$$D$$が小さくなるにつれて、画像のぼけが小さくなり、$$D$$が10mm以上となった場合、画像上のぼけにほとんど差が確認できなくなった。また、実効的なビーム領域は、約25mm$$times$$20mmであり、高空間分解能の画像を取得できる十分な視野が得られることも確認した。

A small aperture system was developed and installed to enhance collimator ratio $$L$$/$$D$$ of the thermal neutron radiography facility (TNRF) in JRR-3. The small aperture system increases the $$L$$/$$D$$ by making small aperture $$D$$. Image sharpness was getting better with decreasing the aperture size below 10 mm by 10 mm in TNRF. The beam area of the small aperture slits was relatively small in comparison with that of the conventional large collimator, although gradually increasing with increasing the aperture size. Even 5 mm by 5 mm in aperture size, the practical beam area for imaging examinations corresponds to around 25 mm by 20 mm, which is enough area to carry out the high spatial resolution imaging.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.