検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画(岩盤の水理に関する調査研究); 研究坑道掘削に伴う地下水流動場の変化を考慮した地下水流動のモデル化・解析; 2006-2007年度

Mizunami Underground Research Laboratory Project (Study on hydrogeology in crystalline fractured rock); Hydrogeological modeling and groundwater flow simulation based on data of hydraulic impacts during construction of the MIU facilities; FY2006 - 2007

下茂 道人*; 熊本 創*; 尾上 博則; 三枝 博光

Shimo, Michito*; Kumamoto, So*; Onoe, Hironori; Saegusa, Hiromitsu

本研究では、今後の研究坑道の掘削に伴う周辺の地下水流動場の変化や研究坑道への湧水量等の予測・評価による研究坑道の設計・施工への情報提供、及び研究坑道の掘削を伴う研究段階(第2段階)での今後の調査計画策定への情報提供を目的として、水理地質構造モデルを構築するとともに、それを用いた地下水流動解析を行い今後の研究坑道の掘削に伴う地下水流動場への影響を予測した。モデル化・解析に用いたデータは、地表からの調査予測研究段階(第1段階)で得られた調査データ、第2段階での堆積岩中の研究坑道掘削時の湧水量や水圧変化に関するデータ、並びに両立坑の切羽から掘削されたパイロットボーリング調査結果である。モデル化・解析の結果、研究坑道の掘削に伴う湧水量や周辺の地下水流動場の変化に大きな影響を与える水理地質構造の推定、及び深度1,000mまでの研究坑道の掘削に伴う湧水量や周辺地下水位の低下量を予測することができた。また、研究坑道へのプレグラウトが周辺の地下水流動場の変化に与える影響の程度を解析的に把握することができた。

In this study, hydrogeological modeling and groundwater flow simulations on the Local scale area have been carried out in order to predict hydraulic impacts around the MIU Construction Site and inflow rate into the MIU facilities using the result of Surface-based Investigation phase (Phase 1), the data of hydraulic responses in monitoring boreholes, inflow rate into the MIU facilities and the result of pilot borehole investigation in Construction phase (Phase 2). As a result of this study, the significant hydrogeological structures around the MIU Construction Site could be estimated. The inflow rate into the MIU facilities and hydraulic impacts around the MIU Construction Site with the MIU facilities construction could be predicted. The effect of pre-grouting to the MIU facilities could be also confirmed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.