検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Mass production of Nb$$_{3}$$Sn conductors for ITER toroidal field coils in Japan

日本におけるITERトロイダル磁場コイル用Nb$$_{3}$$Sn導体の量産技術

高橋 良和; 礒野 高明; 濱田 一弥; 布谷 嘉彦; 名原 啓博; 松井 邦浩; 辺見 努; 河野 勝己; 小泉 徳潔; 押切 雅幸; 宇野 康弘*; 堤 史明; 吉川 正敏*; 中嶋 秀夫; 奥野 清; 都竹 星志*; 石橋 達司*; 村上 幸伸*; 山下 篤*; 手島 修*

Takahashi, Yoshikazu; Isono, Takaaki; Hamada, Kazuya; Nunoya, Yoshihiko; Nabara, Yoshihiro; Matsui, Kunihiro; Hemmi, Tsutomu; Kawano, Katsumi; Koizumi, Norikiyo; Oshikiri, Masayuki; Uno, Yasuhiro*; Tsutsumi, Fumiaki; Yoshikawa, Masatoshi*; Nakajima, Hideo; Okuno, Kiyoshi; Tsuzuku, Seiji*; Ishibashi, Tatsuji*; Murakami, Yukinobu*; Yamashita, Atsushi*; Teshima, Osamu*

ITER計画において、原子力機構は2010年3月からトロイダル磁場(TF)コイル用導体を調達している6極の中で、先駆けて実機導体の製作を開始した。TFコイルは高さ14m,幅9mで、7個のダブルパンケーキから構成されている。導体の単長は最大760mであり、通電電流値は11.8Tの磁場中において68kAである。導体はケーブル・イン・コンジット型と呼ばれるもので、900本のNb$$_{3}$$Sn素線と522本の銅素線で構成されている。2010年12月までに、約60トンのNb$$_{3}$$Sn素線を製作した。これは、日本の分担分の約55%に相当する。また、11本の実機導体を製作し、日本分担分(33本)の約30%に相当する。実機導体は、ほぼ毎月1本ずつ製作している。本発表では、760mの銅ダミー導体の製作を通して確立した導体製作技術を中心に、高品質を確保する品質管理技術などの量産技術を紹介する。この量産体制の確立は、ITER建設の推進に大きく貢献している。

Japan Atomic Energy Agency is the first to start the mass production of the TF conductors in Phase IV in March 2010 among the 6 parties who are procuring TF conductors in the ITER project. The conductor is cable-in-conduit conductor with a central spiral. A total of 900 Nb$$_{3}$$Sn strands and 522 copper strands are cabled around the central spiral and then wrapped with stainless steel tape whose thickness is 0.1 mm. Approximately 60 tons of Nb$$_{3}$$Sn strands were manufactured by the two suppliers in December 2010. This amount corresponds to approximately 55% of the total contribution from Japan. Approximately 30% of the total contribution from Japan was completed as of February 2011. JAEA is manufacturing one conductor per month under a contract with two Japanese companies for strands, one company for cabling and one company for jacketing. This paper summarizes the technical developments including a high-level quality assurance. This progress is a significant step in the construction of the ITER machine.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:45.33

分野:Engineering, Electrical & Electronic

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.