検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地層処分におけるグラウト技術の高度化開発,3; 緩衝材ブロック間の隙間浸透実験による許容湧水量の検討

The Project for grouting development for high level radioactive waste repository, 3; Study of allowable seepage water quantity by permiability test though contact face of buffer material blocks

関根 一郎*; 山田 勉*; 関口 高志*; 藤田 朝雄; 中西 達郎

Sekine, Ichiro*; Yamada, Tsutomu*; Sekiguchi, Takashi*; Fujita, Tomoo; Nakanishi, Tatsuro

高レベル放射性廃棄物の地層処分における地下坑道への湧水抑制対策として、岩盤亀裂を対象にグラウト注入が検討され、グラウト材料の開発が進められている。しかしながら、高レベル放射性廃棄物処分施設の湧水量はどこまで許容されるのかについては、系統だった検討がなされていないのが実情である。本報告では、許容湧水量検討の第一段階として緩衝材をベントナイトブロックとして使用する場合を想定し、緩衝材ブロック間の隙間浸透実験を実施し、処分孔周辺の許容湧水量を検討した結果を報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.