検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Predicting radiation dose aircraft from solar energetic particles

太陽高エネルギー放射線による航空機乗務員被ばく線量の予測

片岡 龍峰*; 佐藤 達彦; 保田 浩志*

Kataoka, Ryuho*; Sato, Tatsuhiko; Yasuda, Hiroshi*

太陽フレアにより放出される高エネルギー放射線(SEP)は、航空機高度や地表面における被ばく線量を増大させる可能性があるため、その予測は宇宙天気研究や放射線防護において極めて重要な課題となっている。われわれは、2015年頃と言われる次期太陽活動極大期を前にその被ばく線量予測モデルを完成させるため、2011年の日本地球惑星科学連合大会において、モデル開発に必要となる学術的課題について議論する特別セッションを開催した。セッションには、太陽物理学者,地球物理学者,放射線防護学者,航空機乗務員などさまざまな分野の研究者や技術者が参加した。本稿では、大気圏内の宇宙線挙動解析の現状など、セッションで発表された日本で行われているSEP被ばく線量予測モデル開発研究の最新情報について解説する。

We held a half day session entitled "Predicting radiation dose from solar energetic particles" in the Japan Geoscience Union 2011 Meeting on 24 May 2011, in response to increasing public interest for space radiation dose during the ascending phase of the solar cycle 24. This is the first session in Japan to discuss the fundamental problems to predict the aviation radiation dose from SEP, provides a unique start point of an interdisciplinary approach.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:54.07

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.