検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

広域地下水流動モデル検証のためのデータ整備方法の検討; 幌延地域,新潟堆積盆の例(受託研究)

Study on validation method of regional groundwater flow model; Case study for Horonobe area and Niigata basin (Contract research)

酒井 隆太郎; 宗像 雅広; 木村 英雄; 大岡 政雄*; 瀬口 真理子*

Sakai, Ryutaro; Munakata, Masahiro; Kimura, Hideo; Ooka, Masao*; Seguchi, Mariko*

放射性廃棄物の地層処分では、人間社会への核種の地下水移行を信頼性高く評価するため、地下深部の広域地下水流動モデルの検証方法の構築が重要である。地下深部には地下水起源,地下水流動特性の異なる複数の地下水システムが存在する可能性があるため、地下水システムの流動特性や流動境界を検証する必要がある。このため、本稿では地下水データが比較的多く存在する幌延地域と新潟堆積盆を事例対象として、深度方向の水理,地下水化学,熱,地下水年代等の指標データの空間分布の比較・検討を行うことにより、流動特性や流動境界に関する評価方法の検討を行った。幌延地域(北進地区)では、地化学データを用いた混合解析によって地下水起源を推定するとともに、熱データ,地化学データの空間分布を比較することにより、流動特性や流動境界の評価が可能であることが示された。また、新潟堆積盆(長岡地区)においても同様に地化学データを用いた混合解析,水理データ,地化学データの空間分布の比較を行うことによって、流動特性や流動境界の評価が可能であることが示された。

In the safety assessment for a geological disposal of radioactive waste, it is important to establish validation methods for regional groundwater flow system to estimate radionuclide migration to human environment through groundwater flow. It is necessary to validate the groundwater flow property and flow boundary, as multi-groundwater systems including the different groundwater origins are possible to exist at deep underground. This results show that mixing analysis based on hydrochemical data and spatial plotting with hydrochemical data and thermal data are applicable to validate groundwater flow pattern and groundwater flow boundary in case of Horonobe area. It also demonstrates that mixing analysis based on hydrochemical data and spatial plotting with hydrological and hydrochemical data are applicable to validate the groundwater flow property and groundwater flow boundary in case of Nagaoka area.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.