検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地下水地球化学データの品質管理; 地下水の物理化学パラメータの測定条件に起因する測定誤差

Uncertainty evaluation of hydrochemical data; Physico-chemical parameter

青才 大介; 萩原 大樹 ; 新宮 信也; 山本 祐平; 福田 朱里; 水野 崇 

Aosai, Daisuke; Hagiwara, Hiroki; Shingu, Shinya; Yamamoto, Yuhei; Fukuda, Akari; Mizuno, Takashi

高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全評価において、地下水中のさまざまな金属元素の挙動にかかわる物理化学パラメータであるpHや酸化還元電位(Eh)を長期に渡るモニタリングによって把握することは重要である。しかしながら、地下水の物理化学パラメータのモニタリングでは、地下水が被圧・嫌気状態で存在するため、試料採取や分析,測定の過程における圧力開放や大気暴露による地下水の状態の変化に伴う測定誤差が生じる。そのため、品質管理を含めた測定手法を体系的に取りまとめる必要がある。本研究では、日本原子力研究開発機構が岐阜県瑞浪市で建設中の研究坑道において、pHとEhに加え、酸化還元環境の指標となる溶存酸素濃度(DO)について、複数の条件下でモニタリングを行い、測定方法に応じた測定誤差の程度に関する知見を得たので報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.