検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

施設者から見たMOX燃料施設における統合保障措置の適用実績

Experience on implementation of the Integrated Safeguards approach for the MOX facility from the operator's point of view

能見 貴佳; 長谷 竹晃; 蜷川 純一; 中島 真司; 丸山 創; 浅野 隆; 藤原 茂雄

Nomi, Takayoshi; Nagatani, Taketeru; Ninagawa, Junichi; Nakajima, Shinji; Maruyama, Hajime; Asano, Takashi; Fujiwara, Shigeo

JNC-1サイトでは、2008年8月から、プルトニウム取扱施設を有するサイトとしては世界で初めて、統合保障措置が適用された。JNC-1サイト統合保障措置アプローチは、保障措置の効果及び効率化の向上を目指すとともに、施設者にとっても、検認活動の効率化を図ることにより、検認活動による施設操業への影響を低減するメリットが得られるように開発された。本アプローチは、当初より3年後にその有効性について評価を行うことになっており、原子力機構としても、施設者の観点でJNC-1サイトの2つのMOX燃料製造施設(PPFF/PFPF)に対して、これまでのランダム査察等の対応実績をもとに、統合保障措置適用効果に関する評価を実施した。その結果、それぞれの施設で統合保障措置の適用効果は異なっており、これは施設の特徴、設備の自動化レベル及び保障措置システムの高度化レベル等の違いにより生じていることを確認した。本報告書では、施設者の観点からのMOX燃料施設に対する統合保障措置適用の評価結果及び今後の統合保障措置の運用等に関する課題について報告する。

The IS approach for the JNC-1 site was implemented in August 2008, and this was the first experience in the world. This IS approach aimed not only to improve efficiency and effectiveness of safeguards but also to reduce burden of the plant operation by improvement of efficiency of the inspection activity. It was planned to review effectiveness of this new approach after three years from implementation. And JAEA also evaluated effects by application of the IS approach for two MOX fuel facilities in the JNC-1 site based on the three years experiences from the operator's view point. As the result of evaluation, it was confirmed that there were some difference of benefits by application of the IS approach depending on features of the facility, automation level of equipment and advance level of safeguards systems.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.