検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

3GeVシンクロトロン加速器統合制御システム開発プラン

Plan to develop overall-control system for 3GeV synchrotron accelerator

川瀬 雅人; 菊澤 信宏; 高柳 智弘; 上窪田 紀彦*; 山本 昇

Kawase, Masato; Kikuzawa, Nobuhiro; Takayanagi, Tomohiro; Kamikubota, Norihiko*; Yamamoto, Noboru

J-PARCは実験施設への安定的なビーム供給期に移行し、3GeVシンクロトロン加速器(RCS)では、次年度以降に計画されている線形加速器(LINAC)の400MeV増強に対応したビームコミッショニングを行う予定である。今後、さらに安定かつ安全なビーム供給を実現するためには、J-PARCの稼働当初から計画されていたマシンインターフェースを考慮した効果的な操作・監視の実現や人的ミスをなくすことが必要である。以上のことから、大強度ビームに対応したビームコミッショニングに使用される理想的なアプリケーションには、どのような機能が必要なのか、基本的な部分から設計し、それらを開発する必要がある。また、より高性能のデータ収集システムも構築し、ビームコミッショニングに有用なデータ収集システムを実現しなくてはならない。RCS統合制御システムの実現を目標にした既存システムの問題点や要求される性能について検討した結果を報告する。

J-PARC has been shifting to stable beam operation phase for the experimental facility, and the beam commissioning is going to be needed of 3 GeV Synchrotron Accelerator (RCS) after 400 MeV upgrade of Linear Accelerator (LINAC). In order to achieve more stable and safety beam commissioning, it is necessary to implement of control and monitor using machine interface for prevention of human error. We plan to develop the ideal application and high performance data acquisition system for the beam commissioning. This report shows problems of this control system and the required performance for overall-control system of RCS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.