検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力機構の新大型計算機システムにおける基本性能の評価

Evaluation of fundamental performance of JAEA's new supercomputer system

坂本 健作; 清水 大志; 鶴岡 卓哉*; 根本 俊行*; 石川 直太*

Sakamoto, Kensaku; Shimizu, Futoshi; Tsuruoka, Takuya*; Nemoto, Toshiyuki*; Ishikawa, Naota*

日本原子力研究開発機構では、計算科学を活用した原子力の研究開発を加速するため、平成22年3月に旧システム(総理論演算性能15.3Tflops)を刷新し、国内最大規模となる総理論演算性能200Tflopsの大規模Linuxクラスタシステム(PRIMERGY BX900)と、総理論演算性能12Tflopsの次世代計算機プロトタイプ機(FX1)等からなるスーパーコンピュータシステム一式を導入、これらの運用を開始した。BX900は旺盛な計算需要に応えること、FX1は次世代スーパーコンピュータ(京コンピュータ)の利用に向けた原子力アプリケーションのチューニング環境を提供することを目的としている。本稿では、このスーパーコンピュータシステムの基本性能の評価結果について報告する。

A new supercomputer system was deployed at JAEA in March 2010. The system is mainly composed of a large scale Linux cluster system (PRIMERGY BX900: 200Tflops) and a lead off system of RIKEN's K computer (FX1: 12Tflops), whose purposes are to deliver a high-performance parallel computing environment and application code development environment for the K computer, respectively. In this report, we present results of the evaluation of fundamental performance of the system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.