検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Longitudinal beam profile measurement at J-PARC separated drift tube linac

J-PARCのSDTLにおける縦方向ビームプロファイルの研究

丸田 朋史; 三浦 昭彦 ; 佐甲 博之   ; Wei, G.; 池上 雅紀*

Maruta, Tomofumi; Miura, Akihiko; Sako, Hiroyuki; Wei, G.; Ikegami, Masanori*

J-PARCリニアックでは、加速後のビームを3GeV RCSに送る、ビームトランスポートセクションでロスが発生している。このロスの原因の一つとして、ロス発生部上流にあるSDTLでビームが縦方向アクセプタンスより広がっており、ビームがアクセプタンスからこぼれ、ロスに繋がっている可能性がある。そこでわれわれはビームのプロファイルが縦方向アクセプタンスに対して、どの程度余裕があるのか、実験的に検証した。実験では2種類の測定を実施した。一つは位相スキャンで、SDTLへのビームの入射位相を振ることにより、位相方向のアクセプタンスの余裕を調べた。もう一つはタンクレベルスキャンで、SDTLの全空洞のタンクレベルを一定の割合で減少させることにより、アクセプタンスを収縮させ、特にエネルギー方向にどの程度余裕があるか調べた。本プロシーディングでは測定方法と結果について報告する。

In J-PARC linac, we have been experiencing beam losses at the beam transport line after the linac exit. There has been an argument that the longitudinal loss could be a cause of the beam loss, which motivated us to conduct an experimental investigation on the margin between the longitudinal acceptance of the linac and the actual beam distribution. In the experiment, we have introduced a "tank level scan" to measure the margin in the energy direction in addition to the conventional phase scan which has been employed to measure the margin for the phase direction. The measurement scheme and experimental results are presented in this paper.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.