検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ベリリウム反射体要素欠陥評価法に関する検討

Research of flaw assessment method for beryllium reflector elements

柴田 晃; 伊藤 正泰; 竹本 紀之; 中司 雅文*; 小原 浩史*; 児玉 光弘*; 谷本 政隆; 土谷 邦彦

Shibata, Akira; Ito, Masayasu; Takemoto, Noriyuki; Nakatsuka, Masafumi*; Ohara, Hiroshi*; Kodama, Mitsuhiro*; Tanimoto, Masataka; Tsuchiya, Kunihiko

試験研究用原子炉では、中性子束を高めるために中性子反射体として金属ベリリウム等で製作される反射体要素が用いられている。この反射体要素を中性子照射下で用いた場合、ベリリウムと中性子との核反応により生成するヘリウムを原因とする体積膨張等による反射体要素の曲がりが発生し、数年間でベリリウム製反射体要素を交換する必要がある。本報告書は、中性子照射下における金属ベリリウムの特性の影響を解明するための照射後試験技術の確立のために、金属ベリリウムを用いて非破壊検査方法である電磁超音波共鳴法(E-MAT)による欠陥評価手法に関する調査及び予備試験結果をまとめたものである。

Reflector elements made from metal beryllium is widely used as neutron reflectors to increase neutron flux in test reactors. When beryllium reflector elements are irradiated by neutron, bending of reflector elements caused by swelling occurs, and beryllium reflector elements must be replaced in several years. In this report, investigation for non-destructive inspection method of metal Beryllium and experiments for Preliminary inspection to establish post irradiation examination method for research of characteristics of metal beryllium under neutron irradiation were reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.