検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

瑞浪超深地層研究所での研究事例に基づいた等価連続体モデル化手法の適用に関する一考察

Study on an equivalent continuum model at the Mizunami Underground Research Laboratory

丹野 剛男; 佐藤 稔紀; 松井 裕哉; 真田 祐幸; 熊坂 博夫*; 多田 浩幸*

Tanno, Takeo; Sato, Toshinori; Matsui, Hiroya; Sanada, Hiroyuki; Kumasaka, Hiroo*; Tada, Hiroyuki*

日本原子力研究開発機構では地層処分技術に関する研究の一環として、超深地層研究所計画を進めている。超深地層研究所計画における岩盤力学分野では、研究坑道の掘削に伴い周辺岩盤に生じる掘削影響の評価方法の構築を課題の一つとして設定して調査研究を行っている。その中で本報では、瑞浪超深地層研究所において研究坑道を利用し、等価連続体モデル化手法の一つであるクラックテンソルによるモデル化領域設定のための検討結果を報告する。クラックテンソルの算出では、坑道壁面などの曲面状の壁面に現れる割れ目のトレース長の算出が必要であり、本研究では、その算出方法を新たに提案した。また、算出されたクラックテンソルについて、岩盤等級との関係を検討した。

The Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is conducting the MIzunami Underground research laboratory (MIU) project in order to develop comprehensive geological investigation and engineering techniques for deep underground applications (e.g. geological disposal of HLW). This modelling study has a two-fold objective, to contribute to the evaluation of the mechanical stability of shaft and research drifts, and to plan the future studies. A crack tensor model, a method of an equivalent continuum model, has been studied at the MIU. In this study, the relationship between the estimated crack tensor parameters and the rock mass classification was revealed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.