検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation of spin-triplet superconductivity in Sr$$_2$$RuO$$_4$$

Sr$$_2$$RuO$$_4$$におけるスピン三重項超伝導の評価

前野 悦輝*; 橘高 俊一郎*; 野村 拓司; 米澤 進吾*; 石田 憲二*

Maeno, Yoshiteru*; Kittaka, Shunichiro*; Nomura, Takuji; Yonezawa, Shingo*; Ishida, Kenji*

このレヴューでは、2011年秋の時点で知られている範囲において、層状ルテニウム酸化物Sr$$_2$$RuO$$_4$$の超伝導特性について要約しその評価を与える。本論文では、2003年のMackenzieとMaenoによるレビュー以後になされた主たる進展をまとめている。ここでは、特にSr$$_2$$RuO$$_4$$に対して描かれてきたスピン三重項,奇パリティ対形成のシナリオについて、その正当性を厳しく評価することに主眼を置いている。

This review presents a summary and evaluations of the superconducting properties of the layered ruthenate Sr$$_2$$RuO$$_4$$as they are known in the autumn of 2011. This paper appends the main progress that has been made since the preceding review by Mackenzie and Maeno was published in 2003. Here, special focus is placed on the critical evaluation of the spin-triplet, odd-parity pairing scenario applied to Sr$$_2$$RuO$$_4$$.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

 高被引用文献

パーセンタイル:99.49

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.