検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

航空機モニタリングによる東日本全域の空間線量率と放射性物質の沈着量調査

Distribution of dose-rates and deposition of radioactive cesium by the airborne monitoring surveys

鳥居 建男 ; 眞田 幸尚  ; 杉田 武志; 田中 圭*

Torii, Tatsuo; Sanada, Yukihisa; Sugita, Takeshi; Tanaka, Kei*

東京電力福島第一原子力発電所事故により大気中に放出され地表面に沈着した放射性セシウムの影響を調査するために、東日本における広域航空機放射線モニタリング(以下、航空機モニタリング)が実施された。航空機モニタリングよりは、市街地から山林まで広範囲に渡って迅速に$$gamma$$線を測定することにより、放射線量率や放射性セシウムの沈着量分布を「面」的に把握できる利点があり、視覚的にもわかりやすく、東日本の各地域における空間線量率や放射性セシウムの沈着量の分布状況について確認することができた。また、これまでに詳細な測定結果が存在していなかった、東日本における天然核種の線量率分布についても確認することができた。東日本での広域航空機モニタリングの結果の概要と今後の課題について解説する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.