検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

北海道北部幌延丘陵の堆積環境と断層関連褶曲の変遷についての検討

Examination about long term changes of the depositional environment and of fault related fold in and around the Horonobe hill

野原 壯  ; 常盤 哲也; 落合 彰二

Nohara, Tsuyoshi; Tokiwa, Tetsuya; Ochiai, Shoji

断層・褶曲帯の発達過程は、地形・地質調査や物理探査による情報をもとに、一般に一定の規則性を持った運動を仮定して推定されている。この場合、超長期の間に突発的に生じる現象については考慮されていない場合が多い。しかしながら、高レベル放射性廃棄物の地層処分においては、断層・褶曲帯の連動や活動域の移動に伴う最大規模の影響を評価する必要がある。このような時間スケールで生じる現象の情報取得は、地質学的な調査が有効と考えられる。そこで、北海道北部の幌延丘陵を事例に、露頭調査とボーリング調査の結果から、過去約300万年間の堆積環境の変遷を整理するとともに、断層関連褶曲の発達過程との関係を検討した。その結果、初期は深海性の静穏な環境だったが、2.4Ma頃に浅海性の環境変化に転じ、向斜部に堆積物が溜まっており、解析結果を踏まえると断層関連褶曲の形成開始時期は不整合面の年代(約2.4Ma)よりも古いと推定できる。地層処分の長期安定性を評価するためには地形学的調査による現在の変動様式のみならず、地質学スケールの過去の変遷を考慮することが肝要となる。

Evaluation of effect of fault zone is one of the important issues in the geological isolation of high-level radioactive wastes. Based on the result of the geological data in and around the northern Hokkaido Horonobe hill, the outline is arranged about changes of the depositional environment in the past about 3 million years, and the relation with the development process of a fault related fold is considered.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.