検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Space weather hazards on aviation exposure

航空機被ばくに対する宇宙天気の危険性

佐藤 達彦; 片岡 龍峰*; 保田 浩志*; 八代 誠司*; 桑原 孝夫*; 塩田 大幸*

Sato, Tatsuhiko; Kataoka, Ryuho*; Yasuda, Hiroshi*; Yashiro, Seiji*; Kuwabara, Takao*; Shiota, Daiko*

巨大な太陽フレアが発生した場合、太陽から放出される高エネルギー太陽放射線(SEP)の影響により航空機高度の被ばく線量は短時間で劇的に上昇する。そのような場合、1飛行あたりの被ばく線量が1mSvを超えることがあり、被ばく線量の時間変化を予測して適切な対応をとる必要が生じる可能性がある。しかし、太陽フレアの発生や時間変化を予測することは科学的に極めて困難であり、そのような予報システムは未だ完成していない。本発表では、航空機被ばく線量予測の観点から宇宙天気予報の必要性をレビューするとともに、報告者らが取り組んでいるSEPによる航空機被ばく警報システムWASAVIESの開発の現状について報告する。

We are trying to develop a two-step forecast system for the SEP doses named WASAVIES (WArning System of AVIation Exposure to SEP). The present status of the development of WASAVIES will be reported at the meeting, together with a brief summary of the currently operating systems for estimating the GCR and SEP doses.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.