検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画におけるサイトスケール地質構造モデルの構築; 第2段階におけるShaft180からStage300地質構造モデルへの更新

Development of geological models in the Mizunami Underground Research Laboratory Project; Updating from "Shaft180 geological model" to "Stage300 geological model" in Phase 2

石橋 正祐紀; 栗原 新*; 松岡 稔幸; 笹尾 英嗣  

Ishibashi, Masayuki; Kurihara, Arata*; Matsuoka, Toshiyuki; Sasao, Eiji

本報告書では、超深地層研究所計画の第2段階において実施してきている、地質構造モデルの変遷について整理した結果を取りまとめた。第2段階においては、研究坑道の掘削に伴う研究坑道の壁面地質調査結果や研究坑道から実施したボーリング調査結果などに基づき、第1段階に構築した地質構造モデル(SB3地質構造モデル)の更新を行っている。現在までに、Shaft180地質構造モデル、Pilot500地質構造モデル、Substage200地質構造モデル、Stage300地質構造モデルと4回の更新を実施してきている。地質構造モデルは、各段階の調査データをもとに更新した地質・地質構造の空間分布を示しているため、前段階に構築した地質構造モデルと比較することで、調査の進展に伴う地質・地質構造の分布、情報の過不足、不確実性の変遷を総合的に評価するうえで有効である。

This document presents about updating of geological models at the Phase 2 in the Mizunami underground research laboratory project. In the phase 2, the geological models has been updated four times (Shaft180 geological model, Pilot500 geological model, Sustage200 geological model, Stage300 geological model) based on geological mapping date and/or some borehole investigation data at the shafts and research galleries. These geological models represent distributions of lithofacies and/or geological structures based on each geological investigation. In order to evaluate relationship between understanding of geological environments and progress of investigations, to organize the history of geological models updating is important.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.