検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速実験炉「常陽」における原子炉容器内保守・補修技術開発; 変形したMARICO-2試料部の回収に向けた調査と機器設計

Inspection and repair techniques in reactor vessel of the experimental fast reactor JOYO; Investigation and design for retrieval device of bent MARICO-2 test subassembly

芦田 貴志; 宮本 一幸; 岡崎 義広*; 伊東 秀明

Ashida, Takashi; Miyamoto, Kazuyuki; Okazaki, Yoshihiro*; Ito, Hideaki

高速実験炉「常陽」では、計測線付実験装置の2号機(以下、「MARICO-2」という。)の保持部と試料部の切り離し不能によって、同試料部が変形して原子炉容器内の炉内燃料貯蔵ラックから突き出て曲がっており、炉心上部の機器がこの付近に近接した際に同試料部と干渉する領域が生じるため、回転プラグの運転範囲が制限されている。「常陽」を復旧するには、MARICO-2試料部の回収と損傷した炉心上部機構を交換することが必須となっており、同試料部の回収については、損傷した機器を原子炉容器内で安全、確実に取扱うことが必要であることから、高度な保守・補修技術に立脚した装置の設計と性能保証が求められる。本報告書は原子炉容器外の模擬試験及び原子炉容器内での調査結果並びにその結果を反映して最適化したMARICO-2試料部の回収装置等の設計をまとめたものである。

In the experimental fast reactor Joyo, failure of disconnecting the irradiation test subassembly MARICO-2 (Material Testing Irradiation Rig with Temperature Control) was occurred and top of the MARICO-2 test subassembly was bent onto the in-vessel storage rack. As a result of this incident, the operation area of rotating plug for the fuel exchange in Joyo is limited. The replacement of the damaged UCS and retrieving the bent MARICO-2 are required to Joyo restoration. This report describes about investigations and some tests to know the status of MARICO-2 test subassembly and the optimized detail design of retrieval device reflecting those results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.