検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

大気中に放出された放射性物質の位置特定手法の開発,1; アンフォールディング法による位置特定

Development of position assessment methods for atmospherically-released radioactivity, 1; Position assessment using an unfolding method

石塚 晃弘 ; 野崎 達夫 ; 國分 祐司 ; 大久保 浩一; 鳥居 建男 ; 高田 卓志*; 久米 恭*; 長谷川 崇*; 杉田 武志*

Ishizuka, Akihiro; Nozaki, Tatsuo; Kokubun, Yuji; Okubo, Koichi; Torii, Tatsuo; Takata, Takushi*; Kume, Kyo*; Hasegawa, Takashi*; Sugita, Takeshi*

原子力施設の異常時・事故時に環境大気中に漏えいする放射性物質について、地表に設置された測定装置による測定値を用いて、大気中の移動や分布を検出する技術を開発した。複数の位置で同じ時刻に、$$gamma$$線検出器(NaI)によって測定された放射線のエネルギースペクトルデータを、アンフォールディング計算技術を用いて処理・評価し、上空大気中を移動する放射線源の位置を求める。放射線源を用いた実験室規模の測定によるデータと、「もんじゅ」周辺の放射線モニタリングポストの配置を参考とした模擬データによって、システムの適用性評価を行った。点状線源の場合、約300mの高さ位置で、水平方向$$pm$$50mの範囲で線源位置が評価できることを確認した。

The assessment methods of types and distributions of a radioactivity unexpectedly released to atmosphere from nuclear power plants have been studied with a help of examination of data measured by $$gamma$$-ray detectors at several radiation monitoring equipments. The principle was verified with a $$gamma$$-ray source in room, and an existing nuclear power station was simulated as an application example.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.