検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Instrumentation device and surface control technology for coolant piping system of nuclear power plants

原子力発電所冷却配管のための計測技術と表面制御について

西村 昭彦; 寺田 隆哉; 島田 幸洋; 米本 幸弘*; 山田 知典

Nishimura, Akihiko; Terada, Takaya; Shimada, Yukihiro; Yonemoto, Yukihiro*; Yamada, Tomonori

レーザー技術を用いた計測法を原子力プラントの冷却系の保守保全のために開発している。計測技術としては、光ファイバセンサ技術を用いることで地震に対する振動計測が可能であることを明らかにした。さらに放射光X線による吸収コントラスト法を用いることにより、レーザー溶接補修の際の溶融池の内部の対流現象を解明した。一方で、表面制御技術としては、熱交換器伝熱管のレーザー肉盛り溶接補修が可能な新型プローブ装置を開発を進めた。また、レーザー蒸発は配管表面の汚染除去に有効であることを明らかにした。これらのレーザー技術は、原子炉の冷却配管の保守保全に役立つことが期待される。

Instrumentation devices using laser technologies were developed for maintenance of coolant piping system. For instrumentation devices, seismic monitoring by optical fiber sensors was able to detect vibration of piping system. X-ray absorption contrast by synchrotron radiation clarified convection motion inside a molten pool produced by laser welding. For surface control technologies, a new probing system was under development for heat exchanger tubes by laser cladding. And laser ablation could be used for surface cleaning. These technologies are expected for maintenance of the piping system of nuclear power plants.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.