検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所の滞留水に対する放射化学分析,2; Se-79, Sr-90, Tc-99分析

Radiochemical analysis in stagnant water in Fukushima-1 Nuclear Power Plant, 2; Analysis of Se-79, Sr-90, Tc-99

安田 麻里; 渡辺 幸一; 星 亜紀子; 田中 究; 亀尾 裕; 片山 淳; 樋口 秀和

Yasuda, Mari; Watanabe, Koichi; Hoshi, Akiko; Tanaka, Kiwamu; Kameo, Yutaka; Katayama, Atsushi; Higuchi, Hidekazu

原子力機構では、福島第一原子力発電所事故で発生した放射性核種を含むたまり水(滞留水)の処理によって発生するスラッジ等の二次廃棄物の処理・処分方策の検討に資することを目的として、滞留水及びその処理水(滞留水等)の放射能データの取得を進めている。滞留水等は研究施設等廃棄物と異なり、比較的半減期の短い核種の放射能比が高いことから、これまで原子力機構が研究施設等廃棄物を対象として確立した分析フロー(従来法))をそのまま適用することができない。そこで、本検討では、試料に含まれる妨害核種となりうる$$gamma$$線及び$$beta$$線放出核種を沈殿分離により除去するなど、対象元素をより精密に分離するための操作を加えた新たな分析フローを構築し、滞留水等への適用性を確認した。

Analytical methods were developed for determination of Se-79, Sr-90 and Tc-99 in stagnant water generated from Fukushima-1 Nuclear Power Plant. The recoveries of these elements were enough to determine the concentrations of Se-79, Sr-90 and Tc-99. The interference of beta emitter could not be found by beta spectrometry. The present method could be applied to stagnant water.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.