検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Erosion of $$N$$=20 shell in $$^{33}$$Al investigated through the ground-state electric quadrupole moment

基底状態の電気的四重極モーメントによる$$^{33}$$Al核における中性子数20殻の消失の研究

島田 健司*; 上野 秀樹*; Neyens, G.*; 旭 耕一郎*; Balabanski, D. L.*; Daugas, J. M.*; Depuydt, M.*; De Rydt, M.*; Gaudefroy, L.*; Gr$'e$vy, S.*; 挾間 優佳*; 市川 雄一*; 亀田 大輔*; Morel, P.*; 長友 傑*; Perrot, L.*; Stodel, Ch.*; Thomas, J.-C.*; 宇都野 穣; Vanderheijden, W.*; Vermeulen, N.*; Vingerhoets, P.*; 八木 栄一*; 吉田 賢市*; 吉見 彰洋*

Shimada, Kenji*; Ueno, Hideki*; Neyens, G.*; Asahi, Koichiro*; Balabanski, D. L.*; Daugas, J. M.*; Depuydt, M.*; De Rydt, M.*; Gaudefroy, L.*; Gr$'e$vy, S.*; Hasama, Yuka*; Ichikawa, Yuichi*; Kameda, Daisuke*; Morel, P.*; Nagatomo, Takashi*; Perrot, L.*; Stodel, Ch.*; Thomas, J.-C.*; Utsuno, Yutaka; Vanderheijden, W.*; Vermeulen, N.*; Vingerhoets, P.*; Yagi, Eiichi*; Yoshida, Kenichi*; Yoshimi, Akihiro*

中性子過剰核における魔法数消滅の研究を目的として、フランスGANIL研究所にて、ベータNMR法を用いて中性子過剰核$$^{33}$$Alの電気的四重極モーメント($$Q$$モーメント)の測定を行った。得られた$$Q$$モーメントの値の絶対値は、133(18)$$e$$mbとなった。この実験値を殻模型及び粒子・振動結合模型の二つの理論模型の値と比較した。その結果、中性子数20の閉殻構造消失を考慮に入れていない従来の殻模型計算では、$$Q$$モーメントを過小評価する一方、魔法数消滅を考慮に入れた大規模殻模型計算では実験値を正しく再現した。同様の値が、中性子数20の閉殻構造消失を考慮に入れた粒子・振動結合模型でも得られた。その結果、中性子20の閉殻構造は$$^{33}$$Al核でも相当程度消失していることが判明した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:56.45

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.