検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

PHITSコードを用いたレーザー駆動型イオン加速装置のための線量評価

Evaluation of dose level for laser-driven ion accelerator using PHITS code

榊 泰直; 福田 祐仁; 金崎 真聡; 神野 智史  ; 余語 覚文; 西内 満美子; 神門 正城; 上野 正幸; 深見 智代; 仁井田 浩二*

Sakaki, Hironao; Fukuda, Yuji; Kanasaki, Masato; Jinno, Satoshi; Yogo, Akifumi; Nishiuchi, Mamiko; Kando, Masaki; Ueno, Masayuki; Fukami, Tomoyo; Niita, Koji*

レーザー駆動イオン加速は非常にコンパクトなサイズで、非常に高エネルギーのイオン加速ができるという反面、加速時に用いるホットプラズマから「大量の電子線・X線などの複合放射線」が加速イオンとともに同時発生されるという問題もある。レーザー駆動型加速器を実現するためには、文部科学省から放射線発生装置として設置許認可を受けなくてはならないが、どの様な条件(レーザー強度,クラスターサイズ・密度など)で、その程度の複合的放射線場が発生するのか?などのメカニズムが十分に調査されておらず、放射線発生装置としての設置条件,線量評価方法、及び、レーザーショット条件による放射線発生のモデル化の早期確立を推進する必要がある。われわれは、「実験時に設置するガラス線量計で得られた積算線量」と、放射線遮蔽評価で実績のある「原子核モデルや評価済み核データライブラリを用いたモンテカルロ型粒子輸送コード(PHITSコード)の計算結果」を比較解析することで、レーザー駆動型イオン加速装置における放射線評価手法の確立に向けた動きを開始したので報告する。

The compact ion particle accelerator has become attractive in view of recent progress in laser-driven ions acceleration. In the development of the instrument, it is necessary to do the bench-mark of the amount of the different types of radiation by the simulation code for radiation shieldings. The Monte Carlo Particle and Heavy Ion Transport code (PHITS) was used for bench-mark the dose on the laser-driven cluster-target type accelerator.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.