検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of radionuclide distribution database and map system on the Fukushima nuclear accident

福島第一原子力発電所事故にかかわる放射能分布データベース及びマップシステムの構築

関 暁之; 武宮 博; 高橋 史明; 斎藤 公明; 田中 圭*; 高橋 悠*; 竹村 和広*; 津澤 正晴*

Seki, Akiyuki; Takemiya, Hiroshi; Takahashi, Fumiaki; Saito, Kimiaki; Tanaka, Kei*; Takahashi, Yutaka*; Takemura, Kazuhiro*; Tsuzawa, Masaharu*

福島第一原子力発電所事故に対策すべく、その基盤となる情報を保管・提供する放射性物質の分布データベース及びマップシステムについて説明する。巨大な地震と津波により、福島第一原子力発電所は甚大な被害を受け、そこから放射性物質が福島県及び近隣県に拡散していった。このような状況の中、放射線量等の情報が迅速かつ正確に収集・解析され、広く世界に提供されることが必要である。われわれは放出された放射性物質の現状の分布状況を把握し、今後の除染活動を支援すべく、これら情報を保管・提供する分布データベース及びマップシステムを構築した。

The radionuclide distribution database and map system, which provide basic information for evaluations and countermeasures of the Fukushima nuclear accident, are explained. Due to massive earthquake and tsunami, Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant has been damaged and had spread out radioactive materials around the Fukushima site. It is necessary to collect, analyze, and provide the information of radioactivity correctly and immediately. We developed two providing systems to identify the current distribution of released radionuclides and support decontamination activities.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.