検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ニアフィールド岩盤を対象とした核種移行遅延性能の評価手法に関する検討

Method development to evaluate retardation effects of nuclide migration in the near-field host rock

早野 明 ; 澤田 淳 

Hayano, Akira; Sawada, Atsushi

地層処分事業におけるニアフィールド岩盤を対象とした核種移行遅延性能の評価手法は、調査段階ごとに構築及び更新される地質環境モデルとその不確実性や、評価結果の反映先を考慮して設定されると考えられる。そのため、それらに対して柔軟に対応できるように、複数の評価手法をオプションとして準備しておくことが肝要であると考える。上記のことを踏まえ本研究では、調査の進展に応じて構築される地質環境モデルとその不確実性に柔軟に対応できる評価手法の整備に資することを目的として、ニアフィールド岩盤を対象とした核種移行遅延性能を簡略的かつ定量的に評価する手法を検討した。次に、検討した評価手法の適用例を示すために、超深地層研究所計画の地表からの調査段階において取得された調査データを活用した核種移行解析を試行した。そして、地質環境モデルの不確実性が評価結果に与える影響を考察するとともに、地質環境調査へのフィードバックを示した。

The purpose of this study is to contribute to methodology development for evaluating retardation effects of nuclide transport in near-field host rock to flexibly respond to the uncertainty of SDMs. Initially, the methodology for evaluating retardation effects of nuclide transport quantitatively in near-field host rock was developed. Then, the nuclide transport analysis using the data obtained at the surface-based investigation phase of Mizunami underground laboratory project was carried out in order to show the example of application for the methodology. Finally, the impact on results of evaluation caused by the uncertainty of SDMs was considered, and feedback to the investigation of geological environment was given from the result of the analysis of this study.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.