検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Cost per severe accident as an index for severe accident consequence assessment and its applications

過酷事故あたりのコストに基づく事故影響評価とその適用に関する研究

Silva, K.*; 石渡 祐樹*; 高原 省五

Silva, K.*; Ishiwatari, Yuki*; Takahara, Shogo

福島第一事故及びチェルノブイリ事故の経験をもとに、原子力発電所での過酷事故の影響を包括的に評価するためには、健康影響のほかに、経済的影響,社会的影響,環境への影響を事故の影響評価に含める必要があることが指摘されている。著者らは、このような包括的な評価のために過酷事故当たりのコストを提案した。同指標は、レベル2及び3PSAによる系統的な事故影響評価技術をもとに、公衆の被ばく線量や防護措置の範囲と期間などから計算することができる。本研究ではBWRモデルプラントでの内的及び外的事象に起因する過酷事故時のコストを評価した。除染による費用が事故時の支配的な影響要因であることが見いだされた。応用例として、防災対策の管理レベルを変化させて過酷事故あたりのコストが最小となるレベルの検討を行ったほか、同指標を用いてアクシデント・マネージメントによる事故影響の低減効果を評価した。

The experiences of the Fukushima Accident and also the Chernobyl Accident point out the needs to integrate the assessments of health effects, economic, social and environmental impacts of severe accidents in nuclear power plants, in order to perform a comprehensive consequence assessment. The authors introduced the cost per severe accident as an index for that purpose. The index is calculated based on the systematic accident consequence assessment method which consists of level 2 and 3 probabilistic risk assessments. In the present study, the index was used to evaluate the consequences of severe accidents of a virtual boiling water reactor. The breakdown of the cost per severe accident was provided, and the decontamination cost accounted for the greatest proportion. As applications of the index, it was used to optimize the management levels of protective actions for the public, and to evaluate the consequence-reduction effects of accident management.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:43.92

分野:Engineering, Industrial

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.