検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

粒子法を用いた燃料溶融挙動解析手法の開発,1; 研究計画の概要

Development of analytical method for behavior of fuel melting by particle method, 1; Outline of the research plan

永武 拓; 高瀬 和之; 古谷 正裕*; 吉田 啓之 ; 永瀬 文久

Nagatake, Taku; Takase, Kazuyuki; Furuya, Masahiro*; Yoshida, Hiroyuki; Nagase, Fumihisa

福島第一原子力発電所では、全電源喪失により燃料棒の冷却ができなくなり炉心溶融に至った。溶融した燃料は圧力容器下部にデブリとして堆積していると考えられており、したがって、廃炉措置を行うにあたり、溶融燃料取り出しや再臨界評価のためのデブリ分布等の情報が必要である。本研究では、福島第一原子力発電所廃炉措置等に資するため、燃料溶融及び溶融燃料の落下挙動に着目し、炉心構成要素である燃料棒・チャンネルボックス・制御棒の溶融過程を解析可能である粒子法をもとにした数値解析手法の開発を目的とする。本報では、本解析手法開発の研究計画の概要について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.